臨海メディカルサービスの特徴

臨海メディカルサービス4つの特徴

平成3(1991)年設立。超音波検査のパイオニア

平成3(1991)年、臨海メディカルサービスは、超音波検査機器がポータブルに扱われるようになった時代を先取りして設立されました。
この業界のパイオニアとして、同業他社と比べ、経験値が高く、現在では年間25000件以上の取扱案件がございます。

>特殊検査技術の提供

最新デジタル装置で履歴比較に対応

弊社で超音波検査に使用している装置は、全て最新のデジタル装置となっております。アナログの装置と違い、過去のデータを蓄積していますので、前年との比較が可能となります。過去と現在の画像を比較することで、より効果的な健康管理を推進しております。

超音波検査技師の技術力が高い

弊社では、定期的な技術向上セミナーや、超音波検査で実際に使用する装置(プローブ)を手にもって動かすハンズオンセミナーを行っております。特にハンズオンセミナーは、検査手技の手ほどきを中心としたセミナーのため、座学とは違い、実際に手を動かしながら臓器の解剖や病理を身につけることが出来ます。
年間25000件以上の検査取扱量とセミナーによる技術向上で、弊社はスタッフの技術力の高さ(精度)に自信を持っております。

>技術向上セミナー

生活習慣病健診などにフレキシブルな対応

超音波検査を中心に、弊社では様々な検査に対応してきた実績がございます。健康診断の補助をはじめ、企画の段階から参画したり、運営を任されたりと、お客様のニーズに応じて、様々な用途にフレキシブルな対応ができる体制を整えております。

>健康診断の企画・運営・補助

超音波検査、健康診断の企画・運営・補助の事ならお気軽にご相談ください。
超音波検査技師の転職、資格取得支援に興味がある方もご連絡ください。

tel

お問い合わせフォーム